REACH・CLPに一貫して対応

REACH規則対応サービス


化学物質の登録

さがみ化学物質管理株式会社ではREACH規則下での化学物質登録のための登録スキーム構築、唯一代理人のお引き受け、コンソーシアムへの参加、サプライチェーンの情報伝達など全てのファンクションをお引き受けすることができます。また必要に応じて試験評価も可能です(提携GLPラボへの取次)。

EUを代表する認証機関であるドイツ・テュフズードをEU域内の唯一代理人として、さがみ化学物質管理株式会社と協同してEU REACH下での化学物質登録サービスを提供いたします。

SDSの作成

さがみ化学物質管理株式会社ではREACH規則の要求に沿ったSDSを、主な加盟国言語にて作成することが可能です。もちろんCLP規則による分類・ラベリングにも対応しております。

CLP規則対応サービス


CLP届出

EU版GHSであるCLP規則は、化学物質の性質によってはその分類とラベリングの届出が要求されます。さがみ化学物質管理ワークスではCLP届出スキームの構築、データ調査、分類とラベリングの実施、CLP届出書の作成(IUCLID5による)と一貫したサービスの提供が可能です。

こちらからお問い合わせ下さい!

REACH規則について

REACH規則とは


REACH規則は2007年6月1日より施行された欧州共同体の化学物質管理規則です。

EUに商品を直接輸出している企業、また直接自社の商品をEUに輸出していなくとも顧客がその商品をEU内に輸出していれば、REACH規則への対応が必要になります。

各手続き名の頭文字をとって"REACH"と呼ばれています。

Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals
登録 - Registration -
評価 - Evaluation -
認可 - Authorisation -
制限 - Restriction -

続きを読む »

CLP規則について

CLP規則はEU版GHSです。 CLP規則では、EU域内の製造者・輸入者に化学物質の分類とラベリングの実施とその届出を義務づけております。

CLP届出義務のある化学物質


REACH規則下で登録する化学物質
基本的に予備登録している化学物質はREACH登録の意志ありとみなされ、危険有害性の有無に係わらずCLP規則下での分類とラベリングの届出義務があります。EU域外企業が自身で唯一代理人を指名している場合だけでなく、他社が予備登録した化学物質をEU域内に輸入する場合でもCLP届出義務がありますので注意が必要です。

CLP規則下で危険有害性ありと判定された化学物質
1. CLP規則付属書VI収載の化学物質
2. 自己分類で危険有害性ありと判定された化学物質も含みます。